排水管から水漏れが起きたら専門業者へ連絡を入れよう

■排水管で水漏れトラブルがおきたとき

テレビコマーシャルや新聞の折り込みチラシで水道修理専門業者の宣伝を多く見かけます。そのため、一度も修理を依頼したことはないけれど修理業者の存在は知っているという方も多いのではないでしょうか。知名度の高いところもあれば、地域に根付いた有名なところもあります。もしも排水管で水漏れなどのトラブルがおきても、迅速に対応してくれるので心強い味方になってくれることは間違いありません。
ところで、なぜ排水管で水漏れトラブルが起こるのか気になるところですが、使い終わった生活水が排水されるところなので、できるだけ早く対処しなければ水漏れによる被害が広がってしまいます。まして使い終わった汚れた水が流れる場所ですから、その汚れた水が溢れ出して広がったとなれば後始末も大変です。

■考えられる原因はたくさんある

排水管で水漏れが起こる原因として考えられるのはいくつもありますが、ひとつは管を繋げている接続部分にあります。ナットなどで繋がっているので、ナットが地震などの衝撃で少しずつ緩むことがあります。最初のころは問題なく使えていたとしても、ゆるみが大きくなればそこから水が漏れだします。部品のゆるみを直せば問題は解決できるものの、もしも部品そのものが破損している場合は部品を交換しなければ水漏れトラブルは解決しません。
また、排水管の中で詰まりトラブルが起きている可能性も捨てきれません。排水管は使い終わった汚れた水だけでなく、キッチンであれば食べかすや油、洗濯機であれば糸くずや髪の毛などが管の中に流れていきます。これらが少しずつ詰まってしまうと水の流れが悪くなって、流れなくなった水が溢れて水漏れとなってしまいます。

■建物自体が古いことも原因になる
建物が建ってから長い月日がたっていると、経年劣化によって管や部品が壊れてしまい水漏れトラブルが起こることもあります。一般的に言われている排水管の耐久年数は10年から15年程度なので、建物が建ってからそのぐらいの月日がたっているなら、水が漏れるトラブルが起こるかもしれません。今は特に問題がないとしても近いうちに水漏れトラブルが起こる可能性があるので、トラブルが起こる前に専門業者に点検をしてもらいましょう。もしも修理したほうがいいという箇所が早めに見つけられたら、水のトラブルが起こる前に改善できるので被害を事前に食い止めることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ