排水管などのパイプから水漏れをする原因

■詰まりが原因であるときの対処法

長年使っていればパイプ類もどんどん古くなりますし、洗い流した垢や汚れなどによって排水管が詰まることもあります。普段はスムーズに下水道へと流れてくれる汚れですが、ぬめりの発生などによってパイプにへばりつくと、食器などを洗ったときに落ちた不純物がどんどん流れてパイプに張り付き、水が流れずに溢れ出す結果になります。
このような現象が起これば、排水管にも大きな負担がかかるので、穴が開きやすくなります。そうなる前に専用のブラシや薬剤を使って取り除けばよいのですが、なかなか掃除できないという人もいます。万が一詰まりが理由で水漏れが起こったなら、水圧をかけてみるという方法もあります。工具など出入り口付近の汚れを引っ張り出すなどの方法もありますが、状況を悪化させてしまう可能性が高いので、業者に依頼するのが一般的です。

■年月の経過で腐食してしまう

パイプも年月が経過すれば腐食が進んでしまい、劣化してくるといろいろなところに穴が開く可能性があるため、そこから水漏れを起こすと多くの水が流れ出します。人の目で見える部分に排水管がむき出しになっていれば、部品を購入してきて自分で変えることもできますが、壁や地面に埋まっている場合には、素人では交換をするのが難しくなります。排水管が埋め込まれていると、どこから水漏れを起こしているのか判断するのも一般の人では判断するのが大変です。その場合には水道工事の業者に頼んで修理をしてもらわなければいけません。たとえ水漏れしていなくても、劣化しているところも含めて新品のパイプに交換をしておけば、水漏れの心配をすることなく長期間安心して生活できます。

■繋ぎ目が緩んでいるだけのこともある
水漏れは案外安易な理由が原因で起こることもあります。排水管に使用されているパイプはひと繋がりになっているわけではなく、複数のパイプを繋ぎ合わせて使用されているのが一般的です。そのため、年月の経過や地震などによって、繋ぎ合わせているナットが緩んで水漏れが発生している可能性も考えられるのです。このような理由であれば、普通にナットをきつく締めるだけで水漏れを改善することができるでしょう。水がしたたり落ちている、水が噴出しているなどのトラブルを見つけたら、まずはナットが緩んでいないか全て確認します。それから原因を特定していき、自分で直せそうであれば必要な物を買い揃え、慎重に修繕作業を行っていきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ