排水管に繋がっているホースから水漏れが発生したらすぐ交換する

■劣化するといろいろな弊害が出る

洗濯機やキッチンなどに使用されている排水ホースですが、劣化するといろいろな弊害が出ます。年数がある程度経過すると、硬化した箇所から水漏れが発生し、床がびしょびしょになります。洗濯機なら防水パンが設置されているので、それほど被害が出ないこともあるでしょうが、キッチンでは収納部分が濡れてしまうでしょう。揺れた箇所はカビが生えやすくなりますし、排水管から嫌な臭いが充満してくる危険性もあります。排水管からゴキブリが侵入してくる可能性もあるので、発見した早急に対策を練る必要があります。特に賃貸住宅の場合は、ホースを設置してからどれぐらい経過しているかわからないので、自分で触れてみて硬化していないから確認してみるのがよいでしょう。

■覚えれば簡単にできる排水ホースの交換

排水ホースの交換と聞くと、素人には難しい作業というイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、やり方さえ覚えてしまえば、比較的簡単に行えます。基本的な作業は、排水管からホースを引き出して外し、再び取り付けるだけです。問題なのは外すときなのですが、周りにヘドロや油汚れなどが付着している可能性が高いです。そのため、周りを汚さないように周りを養生し、雑巾も用意しておくべきです。できればハサミでホースを切断すると、短くなって作業が行いやすくなります。取り付けるときには排水プレートをしっかりと通してからパッキンも通します。排水ホースはあまり長すぎると、ゴミが詰まる原因になるので、適切な長さに調節しながら行いましょう。最後に水を少量流し、水漏れしていないか確認して、問題なければ終了です。

■ホースのサイズとタイプを確認
排水ホースにもいくつか種類がありますし、サイズも1種類しか存在していないわけではありません。まずは自宅で使用している排水ホースの種類やサイズを確認し、間違えないように適切な物を購入しないといけません。サイズは主に2種類存在しており、40用と50用があります。ここさえ間違わなければ問題ありません。長さもいろいろとあるのですが、無難なのは長い物を購入することです。最近は40用と50用の兼用も販売されています。タイプも主に2種類あり、ナットだけが回転する物と、排水管にねじ込むタイプの物が売られています。いつ水漏れが発生するのかはわからないので、事前に用意していた方が安心できるでしょう。近年ではホームセンターだけではなく、インターネットでも購入できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ