排水管のホースから水漏れする原因とは

■排水管のホースから水漏れする理由

排水管は水回りの中でも水漏れトラブルが起こりやすい場所であり、ホースの劣化やトラブルがきっかけで水が漏れます。10年以上経過しているホースだと、素材の経年劣化が考えられ、ホースに穴があいてしまうことや、使用している部品が劣化して水漏れするのがほとんどです。
ホースは長年にわたって排水される中で、少しずつ異物が蓄積します。異物が溜まって粘度が高くなってくると、下水に流れずに水の流れが悪くなりますが、放っておくと排水よりも逆流する水が多くなってしまい、水が溢れることもあります。
排水管は排水口とつながっていますが、接続する部分にゆるみが生じると水が漏れることもあるので注意が必要です。水漏れを防止するためのゴムパッキンやボルトがゆるんでしまうことで水が溢れることもあります。

■被害拡大させないための対処法

排水管の水トラブルは、放っておくとホースの破裂など大きなリスクを伴います。被害を拡大させないためにも、日頃からパッキンの劣化具合をチェックすることや、定期的にナットを締めるなどの対策も必要です。
水漏れしていることが分かった場合は、止水栓を閉めて水の流れを止めましょう。この間に水道業者に連絡をして、原因を調べてもらうことをおすすめします。異物が原因で水が逆流しているときは、パイプクリーナーを使って異物を取り除いて対処することも可能です。
劣化や詰まりにつながる異物を流さないことも大事です。油脂やゼラチン質などの物質は、腐敗してホースに付着してしまうと排水がスムーズに行われなくなり、つまりの原因になります。不要なものを排水口から流さないようにしましょう。

■自己解決の注意点
排水管から漏れている水の量は、大量のケースもあれば少量のケースもあります。大量だと業者を呼んで見てもらう人が大半ですが、少量だと放っておいたり自分で修理して対処する人も少なくありません。
自己解決できれば、時間的にも費用的にも良いでしょう。しかし、間違った対処法をしてしまい状況を悪化させることもあるので要注意です。原因が分からないときは、放置するのではなく無料点検サービスを利用して調べてもらいましょう。
水回りのトラブルはパーツの経年劣化が原因で起こる場合が多く、普段から大切に使っていても劣化は避けられません。定期的に交換や修理が必要になる部分なので、被害拡大する前の段階で修理や交換を検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ