排水管の水漏れは早めの修理が必要

■自分で対処できる場合もある

キッチンのシンク下を見ると排水管が見えますが、水が漏れているのが目で見えてわかることがあります。また目で見てよくわからなくても、床が濡れていたり、排水管の表面が濡れている場合があります。またトイレによっては排水管が見える設計になっている場合もありますので、水漏れが起こっていたり、床が濡れていることに気付くことがあります。
このような症状が起こったら、一時的に自分で処置ができます。濡れた床は洗剤等を使用してきれいに掃除をしなければなりません。悪臭のする排水が床を濡らしているため、清潔を保つために洗剤で掃除をして悪臭をできるだけ抑える必要があります。
また漏れている個所を補修用テープやパテで塞ぐ程度であれば自分でも可能です。補修用テープやパテはホームセンターで販売しており、購入することもできます。ただこれらを使った作業は一時的な処置のため、放置しないで水道修理の業者にすぐに相談する必要があります。

■症状の悪化を防ぐために修理は早急に

補修用テープやパテを使って処置をしても、症状は良くなりません。そのまま放置すると症状が悪化する恐れがあります。そうなるとシンク下やトイレが悪臭で不潔な環境になりますし、修理料金もより高くなってしまいます。
一時的に処置をしたら、水道修理の業者にすぐに連絡をしなければなりません。修理の依頼をすれば、担当スタッフが自宅に来て修理が必要な個所の点検を行います。多くの業者では一度見積もりを出し、納得した上で修理を行います。
修理をすれば水漏れの症状は起こらず、以前のように清潔な環境の状態で水回りを使用できるようになります。ただ安心して今後も使用するために、業者選びには注意しなければなりません。

■修理後も安心して使用できる業者が重要
水回りの修理を行う業者は今では地域にあるだけではなく、全国を対象として依頼ができるところもあり全体的に数が多くなっています。その中でも技術が高い業者を選択する必要があります。
選ぶ基準としてとにかく安い点を重視する方がいます。料金は適正であることは重要ですが、それ以上に高い技術を持っているかどうかが重要なポイントです。創業してから長く水道修理を行っており、またこれまでの対応件数が多い業者は技術が高く、また知識やノウハウも豊富です。
またスタッフ教育がしっかりしており、対応が丁寧な業者なら、作業も同じく丁寧に行ってくれます。対応が丁寧な業者は電話での連絡の際、修理や料金などに関して丁寧に案内をしてくれます。そのため電話での対応でスタッフ教育がしっかりしているかどうかが判断できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ