排水管の水漏れはパイプが原因

■水漏れ原因を探る

排水管からの水漏れは、主につまり、緩み、経年劣化で起こります。キッチンであれば油や食材カスなど、トイレならトイレットペーパーの使い過ぎが原因で発生することがあります。排水管の場合、水を使用していないときは漏水しないため、悪化するまで気づきにくいのが難点です。
物がつまってしまうと、当然水の流れが悪くなります。水の流れが悪くなると、パイプが耐えられなくなってしまい接続部から漏水を起こしてしまいます。つまり接続部が緩んでいても、漏水の原因となります。接続部は振動や衝撃でも緩んでしまうため、地震があったときは排水管の接続部を確認してください。
緩んだままにしておくとパイプが外れてしまう原因にもなり、水浸しになってしまう恐れもあるでしょう。他にも、破損や劣化でも漏水の原因になります。

■応急処置の方法

比較的軽度な排水管のパイプからの水漏れは、応急処置で対処できます。応急処置では、補修テープを使用します。テープにはいくつか種類があり、用途に応じて使い分けます。
応急処置は、水をしっかり拭いてから行います。雑巾で水を拭き取ったら、補修テープでぐるぐる巻きにします。自己融着テープ、防水補修シート、水道用ラップテープの3種類ありますが、おすすめは自己融着テープや水道用ラップテープです。自己融着テープは伸縮性があり、ぴったり張り付くので一度補修するとしばらくは漏水の心配がありません。防水性も高いですから排水管の漏水にも効果的でしょう。
水道用ラップテープはベタベタしないので扱いやすいですし、水漏れの応急処置に使われることが多い種類です。

■保険適用の有無について
排水管のパイプが破損や劣化して水漏れを起こしている場合、業者に依頼することになります。このとき気になるのが保険の有無です。火災保険は火災だけではなく、水漏れによる損害でも利用できる場合があります。火災保険には水濡れ補償と水災補償があり、水のトラブルで適用できるものは水濡れ補償となります。一方で水災補償が適用されるのは、洪水や豪雨による浸水で受けた損害です。
水濡れ補償は、契約者本人もしくは家族の故意や過失による水漏れ、および給排水設備の老朽化を放置していた場合などは対象外です。あくまでも想定外の事故によって起きた水漏れによって、被害を受けた家電や家具、建物の損害を補償してくれます。しかし、水漏れの原因となった設備そのものの修理費用に関しては補償の対象外となります。火災保険を利用できるかは契約状況によっても異なりますので、万が一の事態に備えて契約内容を確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ