キッチンの排水管がつまって水漏れする予防に

■つまってしまって水漏れする

家庭の中にある水回りの設備の中でもキッチンは、使用頻度が高い場所です。食事を作るときだけ使うわけではなく、洗いものをする際にも使用します。また、ワンルームなどでスペースが限られるときには、洗面所の代わりとして使うケースもあるでしょう。利用目的が多岐にわたり、使用頻度が高いことから、排水する機会も増えがちです。そのため、排水管は負担がかかりやすい設備となっています。
何か異物がつまって、流した水が逆流するときもあります。トラブルの状況によっては水漏れにつながるケースも考えられます。そこでいつも詰まりがないか気にしておく必要があり、メンテナンスをすることも必要です。
しかし、排水管は外側から見てすぐにどうなっているか状態が分かるわけではないため、気が付いたときには既に深刻な状態になってしまっていることがあります。このような時は早急に業者へ点検を依頼するようにしましょう。

■ワイヤーブラシでつまりを取り除く

キッチンの場合、シンクから配管が伸ばされています。いくつかの配管が集合して一つの排水管へとつながっていきますが、どこかでつまってしまえば、負担が発生します。これが圧力になり、排水管から水漏れを起こすようになります。
普段から異物を流さないなどの方法をとることが大切ですが、排水の通り道にはどうしても汚れが付着しやすいものです。トラブルを起こしている場所を適切に処理する必要があるものの、どこでつまっているのか確認をすることはかなり困難です。
もし見えないところでつまりが発生したら、専用のワイヤーブラシを挿し込む方法が有効です。ぶつかった場所でつまっていると考え、力を掛けて取り除く方法があります。ワイヤーブラシはホームセンターなどで手に入るため、用意しておくといいでしょう。


■洗浄のためシンクにお湯を流す方法
キッチンの水漏れにつながる異物の堆積を防止するためには、毎日の対応が大切です。その方法のひとつとして、定期的に内部を洗浄するためのお湯を流す方法があります。堆積しやすいものは、油などの油脂分で、これが冷えて固まりほかの汚れも巻き込んで閉塞させるケースが問題です。油脂分ですので、温めれば流動性が戻り落ちていきやすくなります。
問題は排水管に使われている塩ビ管などの耐久温度です。常温で使うのを目的としているため、限界は60度程度と考えられるところからも、50度程度のお湯を調理などで使い終わったら流してあげるといいでしょう。毎日の中でこうしたメンテナンスをしておけば、トラブルになる可能性を軽減することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ