排水管の水漏れ対策でパッキンを交換する方法と注意点

■排水管から水漏れが起こる原因と対策

生活排水を流す為の排水管から水漏れが起こると、自分の家のみならず、隣近所、階下の住人にまで迷惑をかける恐れがあります。水漏れが発生した時点で、迅速かつ的確な対策を行い、被害を最小限に抑えるよう努力しましょう。
水漏れの原因は、主に接合部分のナットの緩み、接合部分内にあるパッキンの劣化や破損、もしくは配管そのものの劣化や破損が考えられます。まずはナットに緩みがないか、水漏れの疑いがある箇所の接続部分を確認してください。緩みが原因ではない場合、パッキンや本体に原因がある可能性が高いです。なお、原因が特定できたうえ症状も軽く、必要な部品の入手が可能な場合は、自分自身で交換することができます。特にパッキンは交換作業も比較的簡単であり、商品も低価格で購入しやすいためぜひ挑戦してみてください。

■排水管のパッキンの交換方法

排水管の接続箇所内部に取り付けられているパッキンは、ナットと排水管の間の隙間を埋め、しっかり噛み合うようにする為の部品です。使用する場所や頻度、素材によっても異なりますが、パッキンの寿命は10年前後と言われています。水漏れを予防する為にも、10年を過ぎたパッキンは早めに交換するようにしてください。パッキンは近所のホームセンターでも販売されていますし、インターネットでも購入する事ができます。
交換作業をする前には必ず水道の元栓を閉めて、水が出ないようにしておきましょう。また、バケツや雑巾を用意しておくと安心です。手順としてはまず、排水管を固定しているナットなどの接続部品を工具で緩めて外します。中にパッキンがありますので、新しい物と交換したら、逆の手順で閉め直しましょう。交換後は水を出してみて、漏れが解消したかどうかを確認します。

■自分でパッキンを交換する時の注意点
排水管に使用されているパッキンは、メーカーや型番によって規格が異なります。水漏れ修理の際に自分でパッキンを交換する時は、必ず同じ商品、または互換性のある商品を購入するようにしてください。特にネットショップで購入する場合は、手にとって確認ができないため細心の注意が必要です。ホームセンターなどで購入する場合は、取り外した部品を持参し、スタッフの人に確認しながら選ぶと失敗を防げます。
また、海外製品などメーカーによっては排水管が分解できないケースもあります。無理に外そうとするとかえって破損させてしまう恐れがありますので、あらかじめ分解できるかどうかを確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ