排水管の水漏れをなおすための部品の交換

■排水管の水漏れ

キッチンでは、常に水を使いますが、排水管はとても重要な意味を持つ部分です、水回りの設備は、給水だけでは使えません。使った水を流す場所が必要になるためで、適切に処理するためには、排水管の存在か欠かせず、仮に水漏れを起こせば設備自体も使うわけにいかなくなってしまいます。
原因はいくつか考えられますが、排水管と排水口がつながっている部分は注意しなければいけません。パッキンが使われている部分で、交換の必要も出てきます。経年劣化などによって傷みが生じると水漏れしてくるためですが、締め付けるためのナットの緩みも原因のひとつです。締め付けるだけで止まるため、手で触ってみて緩みがないかどうかの確認をしなければいけません。ただし、あまり強い力で締め付けてしまうと、ねじ山を壊す可能性もあるため、必要以上に締め付けないようにします。

■消耗品の交換

排水管の水漏れでパッキンを交換するときには、ウォーターポンププライヤーなどを使って外さなければいけません。いろいろなサイズの製品が作られているため、同じサイズのものを利用します。規格的にある程度は決まりがあるため、外したものをホームセンターに持っていき、同じものを購入すれば問題ありません。通信販売などで購入する場合には、正確にサイズを計る必要がありますが、弾力を失っている状態になると、厚みは正確ではない可能性も出てきます。十分に注意して計測する必要があるでしょう。
パッキンを新しいものにしても止まらない場合、配管自体がゆがんでしまったりしてすき間ができている可能性が考えられます。ねじ山には漏れ止めのシールテープも必要ですが、あまりに止まらないようであれば、ほかの部品の交換も検討しなければいけません。

■配管自体に問題があるケース
排水管本体を交換する場合もあります。配管自体にひび割れが起こり水漏れしているケースや、ねじ山が損傷して接続できないときには、新しいものに交換しなければいけません。確認のためには、配管に付着している水を全てふき取ります。漏れてきている箇所から水が流れてくるため、本当に配管に異常があるかどうかを確認しましょう。
交換する場合には、ウォーターポンププライヤーなどで取り外して新しいものにしますが、破損が軽微な場合には、パテを使って補修する方法も取れます。水を全てふき取り、設備の使用もやめて乾燥した状態を作らなければいけませんが、大掛かりな交換をしないで済みます。狭い場所などで作業が難しいときでも有効です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ