排水管のパイプから起きる水漏れと予防

■排水管のパイプで起きる水漏れ

排水管から水漏れする原因はいろいろとありますが、大半は内部に汚れが溜まりトラブルを引き起こしているか、老朽化して問題が出ているのかです。排水管にはさまざまな水が流れていきます。キッチンであれば、食器を洗った後の水などですし、お風呂場では身体を洗った後になるでしょう。髪の毛なども混ざりますし、石鹸カスも流れます。油汚れも同じですが、どうしても排水管のパイプ内に蓄積することによって、劣化を促進させてしまうのが問題です。
排水管は、外側から見て判断ができません。目につかない場所に設置されていることも問題ですし、透明のパイプではないため、内部でなにが起きているのかわかりません。水漏れのようなトラブルがあって初めて問題があることに気がつくのがほとんどです。

■どこから漏れているのかをメーターで確認

排水管の水漏れが判明したときには、専門業者へ連絡するのが一番です。対処も難しいため、DIYが得意な人でもなければ、修理が難しい状況がほとんどで、直せずに問題が抱えたままになりかねません。排水管の場合には、メーターを見ても漏れていることが確認できず、どこで漏れているかもわからない配管です。見つけられただけでも修理の大きなチャンスだと思わなければいけません。
水漏れを見つけたときには、このメーターを確認するのも方法の一つです。メーターが動いていれば、給水管側ですし、動いていなければ排水管だと判断できます。ここから家庭内にある配管の位置や状態を調べていけば、問題点を見つけることができるでしょう。

■予防に有効な対策
排水管のパイプを修理するのは大変難しい問題を抱えます。できれば問題を引き起こさないよう、予防策が重要です。予防方法で大切なのは、異物を流さないことの徹底がもっとも大切です。異物を流さなければ、劣化する原因の内の一つを減らすことができます。
油汚れなどの付着には、洗浄剤を使うのが一番簡単な方法となります。キッチンとお風呂場で比較しても流れるものに差があるため、使われる薬剤が違う点に注意しなければいけません。排水管のパイプがきれいな状態を維持することによって、つまりなどを予防することができます。
キッチンなどの油汚れ対策としては、定期的に50度から60度程度のお湯を流すのも有効です。熱湯を流すのは逆効果でパイプを傷めてしまいますが、この温度であれば油を分解しながら押し流せ、配管の内部に堆積する状況を防げるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ