キッチンの排水管の水漏れの際に覚えておきたい応急処置

■まずはシンク下をきれいに掃除する

キッチンで調理をした際に流れる排水は排水管を通って屋外に出されます。キッチンのシンク下を開けてみると、長い管が見えますが、この部分が水漏れを起こしていることがあります。管が濡れている程度の症状から、床が濡れていたり明らかに水が漏れていることがわかる症状まで様々です。
いずれにしても症状が見られる場合には、一時的に自分でできる処置を行っておく必要があります。まずはシンク下の床の掃除を行います。薄めにした中性洗剤を雑巾に浸し、しっかりと絞ります。その雑巾でシンク下をきれいに拭きます。その後に水拭きをして洗剤が残らないようにします。
またパイプ部分もしっかりと拭き取っておきます。濡れていた床の部分には、雑巾を置いて床が濡れないようにしておくといいでしょう。

■補修用テープやパテで応急処置を行う

キッチンのシンク下にあるパイプ部分に破損や穴が開いている場合には、その部分から水漏れが起こることがあります。穴などができている部分から排水が漏れてくるため、一時的に塞いでおくとシンク下に悪臭が発生するのを防ぐことができます。
穴を塞ぐために有効なのが補修用テープです。これは乾燥した状態のパイプに張り付けるだけで破損や穴を一時的に塞ぐことができるアイテムです。ホームセンターで販売しており、誰でも簡単に扱えます。
またパテを使えばより強力に穴を塞ぐことができます。パテの場合は適量を取り出してよく練った後、穴とその周囲にパテを伸ばしていきます。補修用テープよりは面倒な面もありますが、効果はパテの方が高いといえます。

■応急処置後は業者にすぐに連絡する
自分で応急処置をしたら、できるだけ早く水道修理の業者に連絡をします。応急処置をしても、今後再度排水管の水漏れが起こることが多くあります。またそのまま放置していると症状が悪化する可能性もあります。
キッチンは清潔に保つ必要がありますし、水漏れが起こって悪臭がするとキッチンを使用できなくなってしまいます。清潔な状態で料理をするためにも、早めに修理の依頼をすることが大切です。修理を依頼する業者については、料金や技術力、またスタッフの対応といった点を考慮に入れて最も信頼できそうな業者を選ぶといいでしょう。
また水漏れの症状が大きく、応急処置ができない場合には、すぐに対応してくれる業者に連絡をしてください。最近では時間帯に関係なく対応してくれる業者も増えてきています。早く修理をすることで、生活に支障をきたすこともなくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ