キッチンの排水管の水漏れと部品の交換について

■シンク下で水漏れが起こる原因

シンク下の床に水たまりのように水が広がっていたり、排水管が汗をかいているように水滴がつくことがあります。これらの症状の原因には様々なものがありますが、排水管の劣化や破損であることが多いです。まずシンクと排水トラップのジョイント部分にあるゴムパッキンが徐々に固くなっていくと隙間ができます。また排水ホースに傷がついていたり、完全に破損をしている場合も水漏れが起こります。特に排水ホースに衝撃を与えなくても、経年劣化によって破損してしまうこともあります。いずれの場合でも、水漏れが起こった状態にしておくと、シンク下から悪臭がしたりと衛生的に好ましくありません。

■自分で部品の交換をする場合には

消耗品などの部品を交換することで解決できることもあります。作業自体が難しくない場合も多く、ゴムパッキンについては単に新しいものと取り替えれば問題ありません。ゴムパッキンを購入する場合には、水道関係の部品を販売しているお店に行けば購入ができます。また近くにお店がない場合には、ネットで部品を購入できます。この際、サイズの種類が非常に多いため、誤ってサイズの合わないものを購入しないよう注意しましょう。部品を取り換えて症状がなくなれば、これまで通り安心して水が使えます。
自分で修理を行う場合には、修理する箇所を分解して部品を交換する流れとなりますが、手順をあらかじめ調べておくことのほか、写真を撮るなどして作業工程を記録しておくと、再び組み立てるときにもどのような順番で組み立てればいいのか確認が容易となるためスムーズに進められます。

■状況によっては業者に依頼する方が確実
配水管からの水漏れは、傷んだ部品を取り替えれば多くの場合は改善されることが多いです。ただし、以前使用していたものと同じタイプがどの商品なのか分からない場合や、部品の入手が難しい場合など、交換作業が難しい場合には無理をして自分で作業をすることは避けましょう。また、部品の交換をしても症状が改善されない場合は、業者に依頼して対応してもらうことが賢明な方法です。
排水ホースに破損がみられる場合は、一時的に症状を抑えるための補修専用のテープを巻きつけておくと一時的に問題なく使用できます。ただし再度同じトラブルが起こらないためにも、ホース自体を取り替える方が安心です。破損していなくても、経年劣化によって強度が落ちている場合はいずれ破損してしまうため交換が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ